BUBKA(ブブカ)のAGA治療の有効性と成分と作用機序

最近、ネットの口コミなどでも人気が高くなっている濃密育毛剤「BUBKA(ブブカ)」は、中長期の継続中での満足度が98.1%と、「髪の毛1本1本が強くなったように感じる」、「全体的に髪にボリュームが出てきて、濃くなってきた」など、多くの方がその優れた効果を実感することができています。最近は、多くのメーカーから沢山の種類の育毛ローションが発売されていますが、なぜ「BUBKA(ブブカ)」だけが、ここまで多くの方に支持されているのでしょうか?優れた効果を実感することができるのには、「BUBKA(ブブカ)」に高濃度に配合された成分に理由があることが分かりました。その優れた成分と作用機序とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

濃密育毛剤「BUBKA(ブブカ)」には、今話題になっている育毛有用成分である「M-034」が高濃度に配合されていて、その濃度はこれまでよりも60%も増量されたことから、業界1位の配合量であるとも言われています。「M-034」とは、昆布などの褐藻類に多く含まれている成分で、水溶性ミネラルが豊富であることから、保湿作用のほかに、皮膚を再生させたり、脂肪を分解し促進させる作用、血行促進作用などがありますので、頭皮の奥深くまでしっかり栄養を浸透させて潤いを与えることができるうえに、育毛を促進させて髪の毛を成長させる効果があります。また「BUBKA(ブブカ)」には、海藻エキスである「M-034」以外にも、血行促進作用が高く、毛母細胞に栄養素を運ぶための血液の血流状態を良くする効果のある「センブリエキス」や、甘草の主成分で、抗炎症作用があり、免疫力を高めてくれる効果のある「グリチルリチン酸ジカリウム」、かゆみや炎症を抑える代表的な成分である「ジフェンヒドラミンHCI」など、豊富な育毛有用成分が含まれていますので、頭皮のかゆみや炎症を抑えてダメージを防ぎ、頭皮の血行を促進させる効果があります。また、細胞を破壊して頭皮にダメージを与えるアルコールを一切使用していない業界初の「ノンアルコール製法」の育毛債となっていますので、育毛成分の本来持っている力を効果的に発揮させることができ、健やかな育毛環境を作り出すことが可能となっています。

 

また、脱毛の原因を抑制するために配合されている成分である「オウゴンエキス」は、コガネバナの根から抽出する植物エキスで、脱毛の原因となる男性ホルモンの一種の「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る酵素「5αーリアクターゼ」の働きを抑制し、脱毛の原因を77%もブロックすることができます。そのため、男らしさを象徴するホルモンで、性器形成や男らしい肉体の形成に深く関わる「テストステロン」の変化を抑制することができます。髪の毛を増やすためには、発毛を促進させることはもちろん重要なことですが、それだけではなく、薄毛を完全に改善させるためには、薄毛の根本的な原因である抜け毛をいかに抑えるかということに着目し、脱毛期間を抑制することで、神の生長期間を長引かせて、さらに育毛効果を高めていくことが可能となりました。濃密育毛剤「BUBKA(ブブカ)」には、このように、優れた育毛有用成分のほかに、育毛をサポートしてくれるビワ葉エキスや牡丹エキス、シナノエキスなどの8つの植物エキス、頭皮をケアして健やかに保ってくれるローマカミツレエキスやアルニカエキス、オドリコソウエキスなどの9つのエキス、グリシンやアラニン、グルタミン酸などの10種類ものアミノ酸などを、低分子ナノ化したうえで配合することによって、濃縮エキスを毛根のすみずみまで浸透させて、頭皮の奥深くまでしっかりと届けることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です