BUBKA(ブブカ)の成分と作用機序から見たAGA治療の有効性

BUBKA(ブブカ)には育毛に効果が期待できる34種類の成分が濃密に配合されており、モニターアンケートの結果でも92%が満足と答えている育毛剤です。
ここでは、BUBKA(ブブカ)の成分と作用機序から見たAGA治療の有効性を確かめていきます。

特徴のひとつめとして、育毛業界でも最近話題になっているM-034という物質が含まれています。美容業界で注目されているフコイダンと同じように、昆布・ワカメ・もずくなどの褐藻類の粘質物に含まれている成分で、このエキスを抽出して濃密に配合しています。M-034とはヒト毛包由来の外毛根鞘細胞の増殖を助ける物質とされており、外毛根鞘細胞にはヘアサイクル(毛周期)の休止期でも簡単に髪が抜け落ちないように止めてくれたり、毛母細胞や内毛根鞘細胞などの母細胞である幹細胞(何にでもなれる可能性を秘めた細胞)のバルジ領域(保存領域)を持っているとも言われる成分です。つまり、M-034は髪を抜けにくくしてくれる上に、髪になる細胞領域を持っているというということです。
その他に含まれている有効成分は、オウゴンエキス・亜鉛・ミレットエキス・ノコギリヤシなどで、他にも男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)からの薄毛への影響を抑えてくれる効果が期待できる大豆イソフラボンや頭皮への栄養伝達を助けてくれるビタミンEも含まれています。
オウゴンエキスとはシソ科のコガネバナという植物の根であるオウゴンから抽出されたエキスで、保湿・抗炎・消臭・抗酸化・抗菌などの作用があり、オウゴンエキスを使うことで男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンに変えてしまう5-αリダクターゼ酵素の働きを抑える働きがあり、それによって成長期を伸ばして、退行期と休止期を短くします。
亜鉛とは摂取したタンパク質を髪の毛に変えるために欠かせない栄養素で、亜鉛にも5α-リダクターゼの活動を阻害する作用があり、DHTへの変換を防ぐことができて、育毛に良い影響を与えてくれます。
ミレットエキスとは脱毛や薄毛改善に良いと言われて最近注目されている成分で、キビ類(キビ・アワ・ヒエ)のことですが、キビ類はヨーロッパでは昔から医療分野で活用されており、頭皮環境を整えたり、髪の健康増進にも役立てられてきました。ミレットエキスに特に期待できるのは、女性に多いと言われている、分け目のあたりが薄毛になるびまん性脱毛症ですが、AGA(男性型脱毛症)とびまん性脱毛症の区切りははっきり区別されていないので、どちらのケースにも使えるとされています。
ノコギリヤシとはアメリカ南部に自生しているヤシ科ロシュ属の植物で、ヨーロッパではすでに前立腺肥大症の治療にも使われていますが、ノコギリヤシにはDHTを増やしてしまう5α-リダクターゼ酵素を阻害する作用があると言われているので、成長期を長くして、退行期と休止期を短くすることで、育毛や薄毛予防に効果が期待出来ます。

BUBKA(ブブカ)がAGAに対して効果を発揮するメカニズムは、M-034という褐藻類の粘質物から抽出された成分のおかげで抜け毛を予防して、さらに髪になる細胞を増やす、ということがわかったでしょうか?
その他、AGAの改善に効果的だと言われている、男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変えてしまう酵素(5α-リダクターゼ)の働きを抑える効果が期待できるオウゴンエキス・亜鉛・ノコギリヤシなどが配合されており、さらに髪の健康を助けてくれるミレットエキスが配合されているので、AGA改善に高い効果が期待出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です