ナノテクノロジーを採用した薬用ナノアクションDのAGA治療の有効性と成分と作用機序

育毛のために育毛剤を使っても、頭皮や毛穴に皮脂が溜まった状態だと、成分が届かなくて効果が落ちてしまったり、意味がなくなってしまうのは知っているでしょうか?
薬用ナノアクションDはその問題に対して浸透力まで考えたケアをしてくれるので、成分を十分に染み込ませながらAGA治療の有効性を発揮してくれます。

薬用ナノアクションDの成分と作用機序の特徴は、ナノテクノロジーの仕組みを理解するとわかりやすいです。
2大特徴成分の「PLGAナノ粒子」と「PCTナノエマルジョン」のテクノロジーが採用されていて、PLGAナノ粒子とは湿潤液として作用する物質で毛穴から深く浸透する役割を果たしてくれます。PCTナノエマルジョンとは浮遊型乳化物がナノ化された状態のもので、頭皮から浸透させてくれる物質で、脱毛を予防してくれる働きがあります。
頭皮にはおでこの部分の2?3倍もの皮脂腺があると言われていて、皮脂の分泌が過剰になってしまうと毛穴をふさいで炎症を起こして脱毛を引き起こしてしまうリスクが高くなりますが、PLGAナノ粒子は毛穴の1/1000の大きさしかないので、皮脂腺を通り越して毛穴全体を覆うようにして有効成分が届いて発毛促進をサポートしてくれて、さらにPLGAナノ粒子自体が溶け出していくことによって毛根部まで成分が届きやすくなるという仕組みが働きます。
一方のPCYナノエマルジョンは頭皮の血行改善をサポートする物質で、頭皮に馴染みやすい性質があるため、皮脂を通り越して頭皮の角層に深く浸透して、内側に抱え込んでいる血行促進成分の「酢酸DL-α-トコフェロール」を浸透させて血液のめぐりを改善させて、血液から髪の毛にしっかり栄養が届くようにしてくれます。
成分が毛根部に到達しても毛穴にとどまっている時間が短いと効果が落ちてしまいますが、薬用ナノアクションDはそれをゆっくり分解させるように頭皮の水分で10時間かけて成分を放出し続けるように作られているので、朝と晩の2回に分けて塗布すれば、1日中成分が毛穴に溶け出して効果を発揮してくれる計算になります。
育毛に効果的な有効成分は植物由来の40種類の成分で、クララ根エキス・冬虫夏草エキス・センブリ抽出液・ビワ葉エキス・ジオウエキス、などが含まれています。
クララ根エキスとはマメ科の植物クララの根から抽出したエキスで、苦参(くじん)とも呼ばれ、血行促進・毛根細胞活性化・抗菌&殺菌・男性ホルモン抑制・収れん作用・フケやかゆみを抑える作用があります。
冬虫夏草エキスとは蛾の幼虫などに寄生した菌が宿主の栄養を吸って成長したもので、宿主の体と寄生菌も合体させたものでちょっと不気味ですが、男性ホルモンの抑制効果があり、DHT(ジヒドロテストステロン)の作用を抑制してくれます。
センブリ抽出液とはリンドウ科の植物から抽出した液で、たいていの育毛剤に使われており、血行促進・細胞分裂の活性化などへの効果が期待出来ます。
ビワ葉エキスとは消炎や収れん作用がある物質でニキビの改善にも有効で、ジオウエキスとはジオウの根から抽出したエキスで、皮膚細胞の活性化・保湿作用などがあります。

薬用ナノアクションDは植物由来の40種類の有効成分をしっかり毛根部に届けるために、成分だけではなく浸透力にこだわっている育毛剤だということがわかったでしょうか?
浸透のために使われているテクノロジーのPJGAナノ粒子とPCTナノエマルジョンが注目すべき点で、毛穴の1/1000ほどの大きさしかない成分なので、毛穴が皮脂で詰まっている頭皮であっても、皮脂を通り越して毛根部に有効成分を届けて、AGAを改善してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です