AGA治療の有効性のあるリアップの成分と作用機序や女性用の製品など

よく市販の薬は病院で処方される薬と比べると効果が弱いとされており、病院へ向かうことをすすめられていますが、かといって市販薬が全く効かないということはなく、病院の薬にも使われる成分が配合されているケースは多くあり、現在の症状が軽度であったり、体質によっては十分な効果をもたらしてくれる可能性は十分にあります。

市販薬はOTC医薬品と呼ばれ、医師の処方箋が必要な医療用医薬品とは区別されていますが、効き目はマイルドであるものの、医療用医薬品と比べると成分量が控えめに調整されていることから、副作用が起こりにくく、一般の人でも安全に使いやすいのがメリットです。
このような市販薬の世界では、今までにない治療薬が登場することで注目をあつめる製品がたまにありますが、その代表的な例が、薄毛治療薬のリアップになります。
大正製薬から発売されているリアップの成分と作用機序に関して、成分には病院の薄毛治療で効果を発揮しているミノキシジルが配合されており、作用機序はミノキシジルの働きにより、末梢血管を拡張して、栄養分を毛の根元付近にある毛包へと効率よく届けることで、太い毛が生えるように促したり、ヘアサイクルを正常に戻すことで、健康的な毛が生える環境を作ります。
ミノキシジルという成分は、男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、外用薬として用いることを推奨している事実があり、その推奨レベルは最も高くなっており、成長因子を注入するなどの最先端治療よりも信頼された治療薬として、AGAや薄毛治療の世界では、多くの病院が採用する実績を誇っています。
それほどまで高いAGA治療の有効性を持つリアップについて、主作用・副作用とはの知識を持つことも重要で、主作用として壮年性脱毛症の後期成長期における毛を増やし、脱毛を防ぐ一方で、頭皮の発疹や赤み、痒みが強くなる、かぶれが発生する、フケが多く出る、頭痛やめまい、胸の痛みや心拍数が速くなる、体重が意味もなく増えたり、手足のむくみなどの副作用が生じる可能性があります。
これらはミノキシジルの副作用として知られているものですが、この製品自体には病院で処方される薬よりも少ない量が配合されていますので、副作用が出ることは極めて稀ですから、必要以上に神経質になることはありませんが、もし副作用に該当する症状が見られたなら、使用を中止し、速やかに医師や薬剤師に相談することをおすすめします。
また、リアップレディのリアップリジェンヌという、女性用の育毛剤も用意されており、こちらにもミノキシジルが配合されていますが、女性の場合は男性に比べて成分の副作用が心配されるため、基準値である1gまでの成分量にとどまっているのが特徴です。
さらに頭皮の痒みを抑えてくれるメントールや、皮脂の酸化を防いで清潔を保つトコフェロール酢酸エステル、毛の細胞に栄養を届けるパントテニールエチルエーテルという3種類の成分を合わせることで、デリケートな女性の頭皮を守りつつ、薄毛の改善を目指すことができます。

男性のAGAをはじめとする薄毛や、女性特有の薄毛の症状に威力を発揮しながら、市販品として購入できるリアップシリーズは大変便利な製品ですが、これとは別に、ロゲインという薄毛治療の市販薬が存在します。
ロゲインの方が歴史が長く、実績があるといえますが、海外製の市販薬ですので、個人輸入をしなければ購入することができません。個人輸入は代行業者を通じて通販が基本となるものの、この方法は偽物の製品が送られてくるトラブルが後を絶たず、あまり信頼のできる薬の購入方法とはいえません。
国内のドラッグストアで売られているリアップを使うのが、安心かつ信頼性が高いため、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です