モンゴ流Deeper3Dの成分と作用機序からAGA治療の有効性を考える

薄毛や抜け毛を改善するためには、脱毛の原因となっている物質の働きを抑えこむと同時に、頭皮の血行を促進し毛根に十分な栄養を行き渡らせ、成長期の毛根を増やしていくことが必要であり、育毛剤によるAGA治療の有効性は、脱毛を防ぐ成分や頭皮の健康を保つ成分がどれだけ含まれているかに依存していると言ってよいでしょう。モンゴ流Deeper3Dは名前からして印象的な育毛剤ですが、モンゴ流とは日本人と同じ長く豊かな黒髪を持つモンゴル人やネイティブアメリカンなど、モンゴロイドの歴史の中で伝承されてきた成分を含むことを表し、3Dとは薄毛対策の3要素を満たす3つの特徴的な成分が頭皮の3部位に働きかける等といった複合的な意味合いを持っています。モンゴ流Deeper3Dには全部で36種類もの有効成分が含まれていて、なかでも特徴的な3つの成分としてキャピシル、成長因子、モンゴロイド伝承の天然植物成分を挙げることができ、なかでもキャピシルは医薬品成分の3倍も含まれていることがポイントですが、これらの成分と作用機序とはどのようなものでしょうか。

キャピシルとはカナダで開発された育毛促進成分で、アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスをブレンドしたものですが、前者は毛包を修復する成長因子のひとつであり、後者は男性型脱毛症の原因物質の働きを阻害するイソフラボンの一種を豊富に含んでおり、相乗効果で育毛効果が期待できます。KGF/FGF-7とは発毛促進因子とも呼ばれ、本来は人間の体内で作られる物質ですが、加齢などの原因によって生産量が減るにしたがって、毛髪が薄くなっていくことが知られており、これを頭皮に注入することで再び毛根を活性化させることが可能になります。プラセンタエキスとは胎盤エキスのことで、各種アミノ酸やビタミン・ミネラル等の豊富な栄養素が細胞を成長させる材料となり、一般的な化粧品などにもよく用いられていますが、多くが豚の胎盤から抽出されているのに対して、モンゴ流Deeper3Dでは北海道産のサラブレッドの胎盤を使用していて、アミノ酸の含有量が豚の300倍にもなることが特徴です。IGFとはKGFと同様に、再生医療でも注目されている成長因子のひとつで、インスリン様成長因子とも呼ばれていますが、毛母細胞や毛乳頭を活性化させ細胞分裂を促進する働きがあり、この物質の濃度が高まると多毛症になることが知られています。水溶性プロテオグリカンとは細胞の隙間にあって水分を蓄え、コラーゲンやヒアルロン酸の生成にかかわっている成分で、頭皮の潤いを保ち細胞の増殖にも寄与します。プロヘアリンβ4とは毛包のバルジ領域に働きかけ、毛母幹細胞の分裂を助けるペプチドで、新たな発毛を促進するとともに、髪を黒く保つ効果もあるとされています。リジュリンとは頭皮の毛細血管を増殖させ血流量を増加させると同時に、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進するペプチドの一種です。

これらのほかモンゴロイド3大伝承成分として、イラクサの根や葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油が含まれており、その他にもトウガラシ・グアバ葉・ビワ葉など、発毛に良いとされる成分がたっぷりと入っているだけでなく、清浄でミネラル豊富な海洋深層水を使用している点も特徴です。効果が大きいとされる育毛剤は個人輸入でしか購入できないことが多く、品質的に不安があったり偽物を購入させられたりするリスクもありますが、モンゴ流Deeper3Dの生産は最初から日本人向けに、安全管理の徹底した日本国内で行なわれており、価格も輸入品に比べればリーズナブルになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です