ビタブリッドCヘアーのAGA治療の有効性と成分と作用機序

“タブリッドCヘアーは、健康や美容に関連した事業を営んでいる、ビタブリッドジャパン社が提供している頭皮が健康な状態になるための働きに注目した製品になります。オリジナルで組み合わせた構造になっているハイブリッドビタミンCパウダーは海外でも注目されるほど高い技術が採用されている化粧品として、色々なメディアで話題となっていますが、さらに改良を積み重ねて、2015年の12月にリニューアルされて提供されています。タレントの東国原英夫さんが、AGA治療として使ったことでも話題となっていますが、AGA治療の有効性と成分や、作用機序について説明していきます。

ポイントは、ハイブリッド構造のビタミンCにあり、この特殊な構造によって、ビタミンCは頭皮に直接届けられて頭皮のコンディションを整えてくれることにあります。ビタブリッドCヘアーに主要に配合されている成分として挙げられるのが、ビタミンCで、成分名としてはアスコルビン酸と呼ばれているものになります。ビタミンCは、細胞の働きを活性化させて、血液の流れを改善させ、コラーゲンが生成される働きをサポートする作用があるとされていて、髪の毛を育てながら、その髪の毛の土台となる頭皮のコンディションを整えるために配合されている成分になります。ビタミンCは、サプリメントや、普段の食事でも摂取することができますが、ほとんどのビタミンCは身体の中に吸収されてしまい、頭皮に届けられるビタミンCは、ほんのわずかしか残っていないとされています。ですので、直接頭皮に塗布することによって、ビタミンCを届けたいところに直接届けることができるということになります。頭皮のコンディションを整えてくれるビタミンCは、すぐに酸化されてしまうという弱点が存在しているため、ビタブリッドCヘアーには、特殊な構造を持っているミネラルで、ビタミンCをコーティングした、ビタブリッドCと呼ばれる新しい物質を合成して配合しています。ビタブリッドCを配合した結果、これまでは、頭皮の酸化しないで浸透することが困難であるとされていたビタミンCを、およそ十二時間ぐらいという長い時間をかけてじっくりと頭皮の皮膚組織の奥の方へ供給することができるようになるという作用機序になっています。頭皮のコンディションが気になっている方が使用してみると、ビタブリッドCという有効成分が頭皮の奥に浸透して頭皮のコンディションを整えてくれる効果を得ることが充分に期待できます。髪の毛自体だけではなく、髪の毛の土台となっている頭皮のコンディションにも配慮している製品なため、ストレスや、加齢、生活の習慣などが原因で頭皮のコンディションが悪くなっていることが心配な方などにもおすすめできる製品になります。また、この製品は医薬品ではないので、別な育毛剤を利用している人や、薄毛の症状を専門的に治療するクリニックなどで発毛効果が認められている医薬品を処方してもらい服用している人が、効果を付け加える形で頭皮ケアを行いたいという人にも向いています。年齢や性別を問わず安心して使用できる成分しか配合されていないので、適切な用法や用量で使っていれば副作用の心配がほとんどありません。

育毛剤には本当たくさんの種類の製品が存在していますが、配合されている成分が似たりよったりである中、ビタブリッドCヘアーは、他の育毛剤とは異なりビタミンCの働きに注目して、特殊な技術をつかって新たな物質に変換させて頭皮の奥に長い時間かけて浸透させるという、目新しい作用機序の製品となっています。他の育毛剤などと一緒に使用することができる新たな感覚の製品ですので、試しやすい製品であるということができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です