チャップアップの成分と作用機序とAGA治療の有効性について

チャップアップは代倉友博医師や松山淳医師もその効果を認めている育毛剤で、成分と作用機序としてはセンブリエキスによって血流改善をして毛根までしっかりと栄養素が行き渡るようにすることで、太くて健康な髪の毛が育ちやすい環境にします。センブリエキスとは頭皮に刺激を与えるための成分で、継続して使用することで血行の良い状態が続くので食事から摂取された栄養分が頭皮まで十分に届くようになるので成長ホルモンの働きによって健康な髪の毛が生えやすくなります。グリチルリチン酸とは頭皮の皮脂の過剰分泌を防いで皮脂が毛根に詰まってしまうのを予防する成分で、育毛促進のためには必要不可欠なものなので、この成分を含んでいることで頭皮の皮脂を正常な状態に保って、男性ホルモンの影響によって薄毛が進行するのを防ぐことができます。ジフィンヒドラミンHCとは血行促進や抗炎症作用などがあるので、紫外線や刺激による湿疹や頭皮の炎症などのトラブルを予防する働きがあるので、この成分が含まれていると頭皮が痒くなるなどの不快な症状を抑えることができて、頭皮を清潔な状態に保つことができます。

チャップアップによるAGA治療の有効性としては、センブリエキスやグリチルリチン酸によって5αリダクターゼ生成抑制することができるので、男性ホルモンの影響によって薄毛が進行している男性にとっては効果的で、また更年期を過ぎた女性にも薄毛になる可能性があるので、女性の薄毛にも使用できるので、無香料無添加の成分を使用するなどのこだわりのある育毛剤です。チャップアップは髪の毛が乾いた状態の時に頭皮全体に塗布して1分程度マッサージをするだけでAGAを予防することの出来る育毛剤なので、最低でも半年以上はこの方法で使用を継続すると健康で太い髪の毛が生えてくる可能性が高まります。チャップアップにはたくさんの有効成分が含まれているのですが、これらの成分の効果を実感するまでにはヘアサイクルの半年以上使い続けなければならないので、シャンプーの後にチャップアップを使うことを習慣として気軽に使い続けることで半年以上続けることができます。代倉友博医師や松山淳医師などの専門家が品質保証をしているチャップアップを継続して使うことで太い髪の毛が増えるので、それによって薄毛が目立たなくなり、さらに発毛を促すことができるので薄毛の進行を止めるだけではなく髪の毛を増やすこともできます。

AGA治療の有効性を高めるためには食生活の乱れを改善して高カロリーで脂肪のたくさん含まれている食事を減らすことが重要で、魚や野菜などの比率を高めることで髪の毛を作るために必要とされるビタミンやミネラルを摂取することができて、さらに頭皮の毛細血管まで血液が流れるようになるので、髪の毛が抜けるのを防ぐことができます。また精神的なストレスも薄毛になる原因となっていて、交感神経が興奮してしまうことで、血管が収縮してしまって栄養素が毛根まで十分に届かなくなることで薄毛が進行していきます。これを防ぐためには職場や家庭などでの生活環境を改善してストレスを減らすことが重要なのですが、ストレスを解消してよく眠れるようになると成長ホルモンの分泌量が増えるので薄毛の進行を止めるためには非常に効果的だとされています。また夏などの暑い季節には紫外線が非常に強くなるので、頭皮に汗をかいていると酸化してしまって男性ホルモンの影響を強く受けるようになるので、これを防ぐために通気性の良い帽子などを着用してなるべく紫外線を浴びないようにすることが重要です。また睡眠時間に髪の毛が成長するので、決まった時間に就寝できるように工夫をすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です