AGA治療の有効性を市販の育毛剤に求めるならイクオス(IQOS)の成分と作用機序を理解しよう

口コミで人気の育毛剤には、街の中や郊外に店舗を構えるドラッグストアをはじめとする、様々なルートで購入できる知名度の高い商品から、インターネット通販でしか購入できない商品まで存在しますが、イクオス(IQOS)という育毛剤は、一部の実店舗で購入できる他、公式サイトや大手通販サイトを利用して購入できるようになっており、比較的入手のしやすい商品として、たくさんの人が買い求めています。

育毛剤を使う人の中には、AGA治療の有効性を求めて買い求めている人がおり、医療機関でAGAの治療に使われる、強い成分を使用したくないからと、刺激の少ない成分や天然成分を中心とした市販の育毛剤への信頼度が高まっていますが、イクオス(IQOS)はその願いに応えてくれる育毛剤になります。
成分と作用機序として、イクオス(IQOS)で最も注目すべき成分に、M-034がありますが、このM-034とは北海道の日高沖で育つミツイシコンブから抽出した成分であり、この成分を毛髪につける実験を行った結果、毛髪が活性化する事実が明らかになっていますので、AGA治療の有効性に期待ができるといえます。
市販の育毛剤の世界で、業界で最も多くの種類の育毛に効果的な成分を含んでいるのも、イクオス(IQOS)を使うメリットといえ、代表的な成分として、グリチルリチン酸2Kやセンブリエキス、ジフィンヒドラミンHCや牡丹エキス、ヒキオコシエキスにヒオウギ抽出液などを贅沢に配合しています。
グリチルリチン酸2Kとは、皮脂の過剰分泌が原因で発症する、毛穴付近の炎症によるトラブルを防ぐために広く用いられているもので、ニキビやアトピーといった皮膚疾患にも有効に働き、毛の成長を妨げる原因を取り除くことに貢献してくれる成分であり、センブリエキスとは育毛剤ではよく使われる成分で、毛の育成に欠かせない、血流を促すことで、頭皮を活性化させるばかりか、毛母細胞が血液から栄養を取り入れる働きを助ける作用を持っています。
ジフィンヒドラミンHCとは、頭皮に対する血行促進や炎症を防ぐ力が宿っており、頭皮にできやすい湿疹やじんましん、かゆみを防止してくれる成分で、他の成分との相乗効果で、その働きを最大限に引き出してくれます。
牡丹エキスとは、牡丹の花の木の根の部分にある皮から抽出したエキスであり、血行の滞りを改善したり、皮脂の分泌による細菌の増殖によって発生した頭皮トラブルを抑える働きを持ったもので、その力は昔から生薬として用いられてきたほど信頼されており、ヒキオコシエキスとはシソ科の植物であるヒキオコシ、またはクロバナヒキオコシの茎や葉の部分にあるエキスのことで、保湿作用や収れん作用を持っており、頭皮の乾燥を防いだり、過剰な皮脂の分泌を抑えることによって、毛髪が育つ環境を整えてくれます。
ヒオウギ抽出液とは、アヤメ科のヒオウギから抽出されたエキスで、このエキスの中には女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれており、育毛剤を通じて女性ホルモンを取り入れることで、過剰になりがちな男性ホルモンのバランスを整え、薄毛の進行を防ぐ効果が期待できます。
イクオス(IQOS)にはさらに、酵素の5αリダクターゼを抑えるオウゴンエキスが配合されており、毛髪の成長を妨げる男性ホルモンの一種である、DHTの生成を防ぐ働きを持ってます。

AGAの改善には早めの取り組みが必要であることから、まだ薄毛の症状があらわれていないうちから、日常的にイクオス(IQOS)のような優れた育毛剤を使うことがすすめられます。医療機関で処方される薬とは違い、誰もが使える一般の育毛剤ですので、手軽に長く使い続けられる点が魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です